店主のよもやま日記

アーカイブ

2011年4月16日 17:00

東京より

今回は、東京港区・白金にあります「東京都庭園美術館」のご紹介です。

閑静な住宅街として知られる港区の白金にあります「東京都庭園美術館」は、昭和8年(1933年)に建てられました。
戦後の一時期には国の迎賓館としても使われた旧朝香宮邸がアールデコ様式を現代に伝える建物をそのままに昭和58年(1983年)より美術館として生まれかわり、今日に続いております。

20110401.jpg 20110402.jpg

美術館としても、様々な美術展と共に後援会やワークショップの開催などもされますが、もうひとつ、「庭園美術館」の名前の通り その敷地に広がります庭園が、都心部の中のオアシスのように豊かな季節感と自然を楽しませてくれます。

ゆったりとした美術館前の芝生の広場

20110403.jpg

広場内には、季節の植物と共に数々の彫刻がおかれています。
写真の彫刻の後の木には、しばらく前まで白い梅が咲いておりました。

芝生広場から少し下ると、池を中心に配した日本庭園

20110404.jpg20110405.jpg

日本庭園から、紅白の梅の木を抜けると桜の木に囲まれた、西洋庭園に続きます。

20110406.jpg

桜だけではなく、椿、山茶花(さざんか)、水仙、辛夷、雪柳、小手毬、山吹、牡丹、ツツジ、芍薬、バラ、アヤメ、紫陽花、夾竹桃、金木犀...季節折々の花が、一年を通して楽しませてくれます。

写真を撮りました4月10日にはちょうど桜の花が咲き揃ったところでしたがまだまだ、これから咲き始める枝垂れ桜もありこのブログがアップされる頃は、桜も丁度見頃かと思います。

20110408.jpg

ゆっくりと歩いて回っても30分ほど、ベンチに座ってのんびりすると、時間を忘れていつまでも心地よい時間が過ごせるスポットですので、この日の数組のお着物姿の方も見かけました。

庭園を出て左手に数分歩くと町名の「白金」から、プラチナ通りと呼ばれるお洒落なオープンカフェやレストランがならぶ外苑西通りに出ます。
都会にいながら、ゆっくりと流れる時間を楽しむ、着物姿で、そんなお出かけをお楽しみ下さいませ。

東京都庭園美術館のホームページはこちらです
http://www.teien-art-museum.ne.jp/index.html