店主のよもやま日記

東京より

東京には、大きな公園だけではなく古い邸宅跡などが庭園として一般にも公開されているそんなスポットも数多くあります。
今回は、東京の北区にあります「旧古河庭園」をご紹介させて頂きます。

20101001.jpg明治の頃には陸奥宗光の邸宅だったこの庭園は、息子が古河財閥の養子となった時に その所有が移り、現在では、都立公園として一般に公開をされております。
武蔵野台地の斜面を利用した庭園には、小高い丘には洋館を、斜面の上には洋風の庭 園が、そして低地の部分には池や滝を配した日本庭園が、それぞれ造られているのが 特徴です。

20101002.jpg バラ園より望む洋館

20101003.jpg 「心」の文字を写した形に作られた心字池

20101004.jpg 10メートル以上の落差と深山の渓谷の趣きの大滝
和洋の見事な調和と、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数 少ない庭園として、平成18年には文化財保護法により国の名勝指定を受けました。
街中の周りの住宅街から一歩はいってみると、ゆったりとした空間が広がります。
四季折々を通じての、風景や花の様子が楽しめますが、ちょうど秋の今の時期にお勧めなのが、「バラ園」です。

20101005.jpg 鹿鳴館やニコライ堂といった歴史的な建造物を設計した、イギリス人のジョサイア・ コンドルによって、洋館と共に設計されたバラ園は、"左右対称の幾何学的なフランス風バラ園" と "欄 干や階段を備えた立体的なイタリア風バラ園" があわせて作られています。

20101006.jpg 20101007.jpg

バラ園には何十種類ものバラが植えられ、丁寧な紹介と説明が一つ一つに付けられて います。

20101008.jpg 20101009.jpg

この写真を撮りました、10月の初めには、曼珠沙華の赤い色が綺麗で、まだバラの見頃には少し早めではありましたが、ちょうど10月の中頃にはバラも見頃となり、10月16日(土)より31日(日)までは庭園内で「バラフェスティバル」が開催されます。
●詳しいご案内は、東京都公園協会の「旧古河庭園」のホームページでご覧を頂けます。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html
期間中の週末には、園内でコンサートもあわせて開かれますし洋館の中のティールームでゆっくりと過ごす秋の日もお勧めです。
旧古河庭園の歩いて15分ほどのそばには、江戸時代から桜で有名な「飛鳥山公園」もあります。
折々の季節を、お楽しみになってください。