店主のよもやま日記

アーカイブ

2009年2月16日 03:00

京都より

この度は東山七条周辺を紹介します。この辺りにも見所がたくさんあってゆっくり巡ると1日では足りないぐらいです。

20090201.JPG

「智積院」
智積院に保存されている長谷川等伯によって桃山時代に描かれた障壁画は国宝に指定されています。


20090202.JPG

「京都女子大学 錦華殿」
智積院の北側にある通称「女坂」を歩くと京都女子大学があります。
明治時代に建築された 錦華殿は京都女子大の歴史を物語る洋館です。
(現在の建物は平成12年に復元されたものです)


20090203.JPG

「三十三間堂」
千手観音座像を本尊とする三十三間堂は毎年振袖姿の新成人らによる通し矢で全国に知られています。


20090204.JPG

「豊国神社」
豊臣秀吉の霊を祀る社で宝物館には秀吉にゆかりのある品々が展示されています。


20090205.JPG

「京都国立博物館」
寺社の多い京都の町並みとも調和したルネッサンス様式の赤みを帯びた外壁は 夕刻の日差しを受けると一層美しさが際立ちます。
近年は独自の趣向を凝らした 展覧会も開催され人気を博しています。


20090206.JPG

「公衆トイレの表示」
京都国立博物館の南西にある公衆トイレの男女の表示は着物姿のデザインがされています。
やっぱり着物はいいですね。


寺社仏閣と西洋建築が同居した東山七条周辺にはまだまだ見所がたくさんあります。 春の観光シーズンに訪れてみては如何でしょう。